クレジットカードとコンビニ、それぞれの決済の特徴
2016.12.20

subimg02現在この世の中には、多くのクレジットカードが存在しています。クレジットカードのブランドも多くありますし、クレジットカードを発行している会社は、ブランド以上に膨大に存在します。日本はそこまで、カード社会ではありませんが、欧米では日本よりもカード社会化が進んでいます。日本は少額をカードで決済すると、手持ちが無いイメージが付きます。しかし、欧米では、少額の決済でもカードを用いることが一般的です。カードのメリットは、現金を持ち歩かなくて済むことです。カード1枚で、お会計を済ませることができ、小銭を探したりする手間も省けます。しかし、メリットばかりではなく、デメリットも存在します。それはセキュリティー面です。カード1枚で決済が済むという便利な一面の裏側には、カードを無くしてしまえば、悪用されてしまいます。デメリットも踏まえながら、カードと付き合っていかなければなりません。

日本には数多くのコンビ二が存在します。今の時代、なんでも揃い、便利なお店なので、行ったことがないという人はいないのではないでしょうか。毎朝、コーヒーやパンなどを買ったり、ジュースを買ったり、手軽に物を買うことができます。ここでの決済は一般的にみたら、少額です。カードを使って支払いをする人は少ないでしょう。しかし、カードを使えば、小銭を探す手間がなくなり、時間の節約なります。朝時間がないときには、大事な時間になります。それだけでなく、カードを使って支払えば、クレジットの利用履歴が残ります。その利用履歴を見れば、何にお金を使っているのかを、一目で確認することができます。もし使いすぎていると思えば、節約に励むきっかけになります。コンビニでのカード決済には多くのメリットがあることがわかりました。

この際の決済の特徴として、主に5000円以下だった場合、サインが不要という点が挙げられます。小銭を探す手間を省こうと、カードを使っているのに、毎回毎回サインをしていたら、結局は変わりません、しかし、この決済の際にはサインもパスワードを打つ必要もないので、非常に簡単にお買い物が可能です。ですが、5000円以上の場合にはサインを必要とする場合が多いです。高額決済ということになるので、サインが必要になります。いずれにしても、決済の際に必要なのはカード一枚です。それにカード会社のポイントもつきます。しかし使いすぎてしまう可能性もあるので、そこだけ注意しましょう。

▲ ページトップへ