プラチナカードとは?
2016.12.20

subimg04クレジットカードは、日常生活では欠かすことができないアイテムになっていますが、クレジットカードでも種類やランクによって使い方に違いが出てきます。すべてが同じではなく、それぞれの特徴があるので、それを理解して選ぶと、非常に役に立つアイテムとして満足できます。クレジットカードには発行する企業によって、その企業の専門の分野で利用する時に、有利に利用することができるようになっています。ポイントが付いたり、専門のサービスが受けられたりです。また、同じクレジットカードを長い期間利用することで、より便利に使うことができるようになります。ですので、選び方や使い方が非常に重要になります。そして、同じ企業が発行するクレジットカードでも、ランク分けがあります。

たとえば一般会員が使用するカードとレベルの高いサービスが受けられるカードなどです。一般的にはシルバーカードのシルバー会員、ゴールドカードのゴールド会員、そして最高レベルのプラチナカードのプラチナ会員です。また、その間に色々なレベルの会員を用意している場合もあります。そのほか女性用とか学生用などもあります。プラチナカードは、最高レベルのカードですが、ゴールドとの違いは、もともとゴールドである金よりもプラチナの方が価格が高いということで、よりレベルが高いイメージを持つことができるからです。クレジットカードの機能としては変わりませんが、サービスが豊富で、利用限度額も高くなるという特徴があります。そして同じプラチナでも発行する企業で会費も変わってきます。

会費の価格の違いは、サービスの多さの違いということになります。プラチナでも発行する企業によって会費も変わってきます。だいたい最低では2万円ぐらい、最高では10万円以上という会費のカードもあります。ですので、このランクのカードが欲しいという場合に、とにかく所有したいということでは会費の安いカードを選ぶとよいですし、利用するならば最高のサービスを受けたいとか、受ける機会が多いとかでしたら、会費の高いカードを選ぶという選択肢もあります。サービス内容としては、たとえばコンシェルジュサービスなども有名です、要するに秘書サービスになります。そのほかショッピング保険や医療相談、ポイント制度の優遇、ホテルやレストランの優待やアップグレードなどもあります。よりレベルの高いカードであれば、メリットも多くなるということになります。

▲ ページトップへ