電子マネーつきクレジットカードについて
2016.12.20

subimg05電子マネーは便利ですが、利用していてカードでお財布が張り裂けそうになっている人もまれにいます。そのため、カードを一つにまとめて優先的に利用することが、より利便性を高めて利用できるからです。電子マネーつきクレジットカードであれば、今までよりもずっと効率よく電子マネーを利用できるため、カードを無駄に増やしてしまわずに便利です。特に電子マネーは複数の会社のものがありますが、カード会社で提携している電子マネーのみ利用可能となります。カードがついていると便利な理由として、電子マネーを使ってもカードのポイントがつくことです。カードのポイントを使うことによって、ポイント還元額にも影響が高いといえます。特にポイント還元率が高いときに使用頻度を高めると、高いポイントが付きやすいです。

電子マネーにはプリペイド型と後払い型が存在しており、それぞれのメリットを生かして活用することが重要といえます。利用するポイントを把握して活用することが、ライフスタイルで節約やポイント還元額を高めるからです。例を挙げると、日用品や食料品を電子マネーで購入し、レストランやショッピングの支払いをクレジットカードで行う事で、それぞれのメリットを生かした支払いが可能です。また、支払いで両方とも一枚のカードで支払う為、ポイント還元できる額が異なります。今まではカードだけで支払っていたため、ポイント還元額がそれほどなかったにもかかわらず、電子マネーがついたカードにしたことで、支払う場所が増え、ポイント還元額の高さにつながります。

カード会社によってそれぞれのサービス内容は異なりますが、カードで貯めたポイントを電子マネーに利用する方法や、現金・ギフトカードに利用できる方法と、多岐にわたっているのが特徴です。カードを適切に活用することで、今まで貯めづらかった部分や、生活費に関してもカードを効率よく利用することが、より一層カードを使い続けるメリットにつながります。毎日の生活で利用できる場所は増えている為、学費やライフラインもクレジットで利用できるようになりました。利用しやすい場所を確認して活用できるのが電子マネーつきのメリットといえます。どの電子マネーが利用しやすいのか、事前にカード会社が提携している情報を把握し、相性のいい企業をチェックして利用することが重要です。利用前にある程度の情報を集めて、相性のいいクレジットカードを作ることが重要といえます。

▲ ページトップへ